デフォルト画像

マウレメモリアルミュージアム

平成16年に87年の歴史を閉じた旧丸瀬布町立武利小学校の校舎を再利用し、大正5年の開校から永きにわたり地域の礎であった学び舎の記録とともに設置。身体に障害を持つ人たちの“口と足で描いた作品”を展示する「ディスエイブルド・アーティスト・ギャラリー」は、口と足で描く芸術家協会会員の作品を紹介する北海道で初めてのテーマギャラリー。2階「ナチュラル・サイエンス・ギャラリー」はアンモナイトなどの化石や原石、……
デフォルト画像

埋蔵文化財センター

沿革 遠軽町埋蔵文化財センターでは、黒曜石石器展示のほか、石器づくりなどの体験学習を行うことができます。旅の記念にとんぼ玉やまが玉など、世界に一つだけのアクセサリーを作ってみてはいかがでしょうか。 施設概要 開館時間 午前9時~午後5時 ……
デフォルト画像

ジオパーク交流センター

沿革 今からおよそ220万年前に、石や岩が高温で溶けた「マグマ」が噴火し、ここ白滝で生み出された日本で最大規模の黒曜石。ほとんどがガラスで出来ているこの黒曜石は、割れた断面が刃物のように鋭くなり、旧石器時代にはこの切れ味を利用した人々がいました。生活に必要な資源だった白滝の黒曜石は、現在のサハリンから本州まで広がっていることが確認されるなど、当時の人々にとって、な……

昆虫生態館

沿革  昆虫の宝庫として有名な丸瀬布の自然を活かし、昭和60年より地元ボランティアである「丸瀬布昆虫同好会」の手により運営されてきた「昆虫の家」が前身。  平成元年「環境庁ふるさといきものの里100選」に認定され、同庁の補助を受け平成9年に昆虫生態館本館完成。平成11年に1年中チョウの飛ぶ温室「チョウの広場」を併設して現在に至る。 施設概要 ……
デフォルト画像

ちゃちゃワールド

概要 世界約40か国の木のおもちゃを集めたミュージアム。おとぎ話に出てくるお城のような建物に足を踏み入れると、そこにはメルヘンの世界が広がっています。 館内には、からくりおもちゃやあやつりおもちゃ、くるみ割り人形など、大小さまざまな1万点もの木のおもちゃが展示・収蔵されています。 見るばかりではなく、木の玉のプールや滑り台があるあそびのひろば、ふれあいおもちゃ、ネフ社のおもちゃ、……
1 / 212